新着情報

INFOMARTION

鉄欠乏と爪

細胞が正常に働くためにはエネルギー(ATP)が必要です。低フェリチンにより、電子伝達系が回っていないと採卵の成績が悪くなってきます。

爪や髪もケラチンというたんぱく質で出来ていて、鉄・ビタミンB6・亜鉛などが必要です。

鉄欠乏により、爪はもろく平坦に、さらに進むとスプーンのように反り返ります(スプーン爪)その理由はヘム酵素(鉄を含む酵素)であるチトクロームオキシターゼの活性化が低下し、爪の胚芽層(深い層)と角質層(表面の層)の伸びる速度に差が生じる為と考えられています。

爪を触ると鉄欠乏の度合い(フェリチン)の参考になります。爪が柔らかくなる要因には、鉄不足以外も炎症やたんぱく質代謝の低下(たんぱく質やビタミンB群不足)などが挙げられます。

爪を触る時は、親指が一番分かりやすいので、親指を触ったあとに他の指を触ってみてください。

しっかり鉄を取ってミトコンドリアを活性化してエネルギー代謝を行いましょう!

不妊鍼灸無料体験

LINE@直接相談

オリジナル妊活商品

contact

ファンクショナルマッサージ新宿院への
お問い合わせはお気軽に

0466-52-6353

9時~18時(日曜17時迄) 祝日のみ休診