ブログ

BLOG

不妊の原因が分かれば妊娠しやすくなる ②排卵障害

不妊の原因  ①
【排卵障害】

排卵が起こらない、
または排卵が遅くなってしまっている状態のことを
「排卵障害」
といいます。

また、女性側に原因のある不妊の中でも多く、約40%を占めるといわれています。
不妊原因全体の約15%です。

排卵が起きなければ、
受精することも妊娠することもできません。

排卵までが長い場合は
自分で排卵する時期がわからず、
排卵の回数そのものが少なくなるため、
妊娠しにくい状況となっています。

排卵まで時間がかかると、
卵子の状態も悪くなってしまいます。

鍼灸治療では
卵巣の循環を改善し
血流を増やし、
卵巣がホルモンを受け取りやすい状態にしていきます。

そうすることで、
排卵までの期間を短くしていくことに
つながります。


排卵障害の原因は主に4つです。

①視床下部・脳下垂体に原因があるもの
②多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
③高プロラクチン血症
④早発卵巣不全


排卵障害の原因①
【視床下部・脳下垂体に原因があるもの】

視床下部・脳下垂体に原因があって
FSH(卵胞刺激ホルモン:卵胞の発育を促すはたらき)や、
LH(黄体化ホルモン)の分泌が低下すると、排卵が起きづらくなります。

ダイエットや激しい運動などで
体重が減りすぎることで、
排卵、月経が起こらなくなるのは
まさにこのタイプです。

過去のダイエットでホルモンが出にくくなってしまった患者さんも
ときどきお見受けします。




クリニックでの治療は、
排卵誘発剤で排卵を起こします。

注射(HMG、FSHなど)
経口薬(クロミフェン、セキソビットなど)
が用いられ、排卵を起こす方法です。


詳しい説明や状態に合った鍼灸治について
初回の無料体験でお話させていただきます。


次回は②〜④についてお話しします。

不妊鍼灸無料体験

LINE@直接相談

オリジナル妊活商品

contact

ファンクショナルマッサージ新宿院への
お問い合わせはお気軽に

0466-52-6353

9時~18時(日曜17時迄) 祝日のみ休診