ブログ

BLOG

着床しやすい子宮環境をつくるために①

ファンクショナルマッサージ治療室 新宿院です!

前回は生理痛があると妊娠しづらい理由について

5回にわけてご説明させていただきました。

 

今回は妊娠するための基礎知識

着床しやすい子宮環境をつくるためにできることを

5回に分けてお話しさせていただきます。

 

ポイントは

「子宮内膜の厚さ」

「エストロゲン」

「黄体ホルモン」

「子宮の血流状態」

 

まずは子宮内膜の厚さについてみていきましょう。

 

理想の子宮内膜の厚さ

 

子宮内膜の厚さは8~12mm程度の厚さが

着床しやすいと言われています。

 

卵胞チェックの時や体外受精で移植の時に

子宮内膜をチェックされるかと思います。

その際に内膜の厚みが薄い状態だと、

着床しにくいと言われています。

 

受精卵が好む場所

 

受精卵は

「ふかふかなベッドで温かく栄養豊富」

なところに本能的に着床しますので

内膜の厚みが薄い状態はふかふかとは言えません・・・

 

ですので子宮の内膜を厚くしていくことが重要です!

 

 

内膜を厚くするためには

 

しっかりと栄養素やホルモン(エストロゲン)を血液にのせて

子宮内膜に届けてあげることが重要です!

 

ですので、エストロゲンの分泌が少ない状態だと

子宮内膜が厚くなりにくいです><

 

 

子宮内膜を厚くするためのエストロゲン!

このホルモンの分泌を高めていくために

できることを次回のブログでお話しさせていただきます!

 

子宮内膜が厚くならなくて悩んでいる方は

無料体験で詳しくお話ししますね!

 

不妊鍼灸無料体験

LINE@直接相談

オリジナル妊活商品

contact

ファンクショナルマッサージ新宿院への
お問い合わせはお気軽に

0466-52-6353

9時~18時(日曜17時迄) 祝日のみ休診