ブログ

BLOG

生理痛があると妊娠しづらいわけ①

ファンクショナルマッサージ 新宿院です!

生理痛は女性はほとんどの方が経験したことがあるのではないかと思います。

今回は生理痛についてお話しさせていただきます。

 

生理痛がなぜ起こるか?

原因は

・骨盤内の血流が悪くなっている(冷え)

・黄体ホルモンの不足

・アラキドン酸を含む食事が多い

・子宮筋腫や子宮内膜症がある

など、いくつか考えられます。

 

そしてこれらは全て、”妊娠しにくい体質”に当てはまります。

 

今回は中でも骨盤内の冷えについてみていきましょう。

 

骨盤内の血流が悪くなってしまっていると、

着床するためのベット(子宮内膜)が冷えてしまっている状態です。

また、卵巣の血流も悪いことが考えられるため

卵の質にも影響がでている可能性があります。

 

骨盤内に冷えがあるかどうか?セルフチェック

チェックするためには、まず下腹部を触ってみましょう

冷たくはありませんか?

 

そして次にお通じ、便の状態です。

便秘だったり、下痢だったり、

 

それらを繰り返してませんか?

 

そして鏡をもって舌をみてみましょう

舌のまわりに歯型がついてむくんでいたり

全体的に白くありませんか?

 

手足が冷えていませんか?

 

これらの状態は骨盤の中の冷えを表し、

生理痛の原因になっている可能性があります。

 

血流をよくする鍼灸治療だけでなく

ご自宅でのセルフケアもとても重要になります。

 

まずは無料体験から

体の変化を感じてみることをおすすめします!

 

 

不妊鍼灸無料体験

LINE@直接相談

オリジナル妊活商品

contact

ファンクショナルマッサージ新宿院への
お問い合わせはお気軽に

0466-52-6353

9時~18時(日曜17時迄) 祝日のみ休診