まずココから♫東洋医学無料体質チェック

ブログ

BLOG

貧血改善で妊娠

今回は、貧血を改善して妊娠した方のお話をします。

 

初めてお会いした時のことをよく覚えています。

蒼白いお顔で、

お話する時も何か不安そうに、焦っているようなご様子で、

初回無料体験の60分で、たくさんお話を聞きました。

お身体を診させていただくと、

明らかに貧血の症状があったので、

後日、血液検査を見せていただくことになりました。

内科に行って貧血チェックしてもらうことをご提案し、行くと、

医師から貧血と診断され、その日から鉄剤を処方されました。

 

〈貧血がなぜいけないのか?〉

 

貧血というのは、

血液中の赤血球の中のヘモグロビン濃度が低くなった状態のことで、

ヘモグロビンは、酸素を運ぶ役割をしているため、

少ない状態だと、エネルギーを作ることができず、

立ちくらみ、めまい、息切れ、頭痛、肩こり、

疲れが取れない、疲れやすい、などの症状を起こします。

妊娠に影響する点としては、

子宮内膜が薄い卵胞の育ちが悪くなる傾向にありますので、

早急にサプリメントで補充することをお勧めします。

 

しかし、ここで注意しなければならないのは、

鉄は腸に負担をかけやすいということ。

普段から、便秘や下痢になりやすい人は、

腸内環境を整えながら摂取しないと、

腸を荒らしてしまうことになるので、

当院では、グルテンやカゼインを避け、食生活を見直すことを第一として、

足りない方には、乳酸菌などの善玉菌やビタミンのサプリ、

ω3系オイルなどをお身体の状態に合わせて摂るようにお勧めしています。

 

今回の患者様は、もともと便秘に悩まされていたので、

病院で処方された鉄剤を飲み始めたら、

お腹が張るようになってしまいました。

そこで、食事指導と栄養指導をさせて頂きました。

◎ グルテン、カゼインを控える

◎ よく噛んで食べる

◎ 乳酸菌などの善玉菌を摂り入れる

◎ 鉄と一緒にビタミンやω3系オイルを摂る

◎ 適度な運動

すると、

お通じが良くなったおかげで、鉄の吸収が上がり、

疲れやすさが減って、お腹や足先の冷えが改善。

2回目の人工授精で妊娠されました。

(鉄とビタミンのサプリメントに関しては、

お腹の状態や吸収率、妊婦さんでも安心して飲めるため、

当院で取り扱っているものに切り替えました。)

 

食事管理やサプリメント摂取は、出産まで続けられたそうです。

そのおかげか、出産後の貧血チェックで、

見事「貧血ではありません」と診断されたと、

とてもHAPPYなお声で、お電話を頂きました。

 

 

ここで、大事なポイントは、

「出産後に貧血にならなかった」ということ。

出産後が子育てのスタートであり、

出産によって、女性の身体は栄養不足になり、

子育てでストレスや疲れが倍増します。

その中で、元気に生活するためには、

妊活中にしっかりと身体づくりをすることが大事なんです。

 

※これは、二人目を望む方にも重要なポイントですね。

 

当院では、

妊娠しやすい体質にすることをお手伝いさせて頂いていますが、

それと同時に、

元気に子育てをして頂くためのアドバイスもさせて頂いています。

 

ぜひ、妊娠しやすい元気な身体づくりを目指しましょう!

 

 

妊活体質チェック

不妊鍼灸初回体験

LINE@直接相談

オリジナル妊活商品

contact

ファンクショナルマッサージ新宿院への
お問い合わせはお気軽に

0466-52-6353

9時~18時(日曜17時迄) 祝日のみ休診